BLOG

calendar

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

category

ワードプレスをこれまで通りに使いたい」!『Classic Editor』 | 岐阜・一宮・名古屋 | デザイン事務所BRIDGE

2018.12.12

Classic Editor』とは?

先日のワードプレス5.0『Gutenberg』へのアップデートを受けて注目されているのが『Classic Editor』というプラグインです

WordPress.org 日本語 | Classic Editor

この『Classic Editor』は、WordPress5.0へアップデートしてもこれまで通りのエディターで使用することができるためのプラグインなんです

■使い方は簡単なの?

導入の方法はとても簡単です!以下の順番で進めましょう

①Classic Editorを検索する
②インストールする

③プラグインを有効化する

以上です
簡単ですよね??

■Classic Editorの便利機能

このプラグインにはさらに気の利いた機能が付いています
設定のこの部分をみてください

なんとチェックするだけで、これまでのエディターと新たなブロックエディターとを切り替えられるシステムが付いています

さらにその下を見ると『ユーザーにエディターの切り替えを許可します』という項目があり、ユーザーにエディターの切り替えを選択する権限を与えるかどうかの項目があります

これでサイト管理を行っているデベロッパーの皆様も一安心です

■Classic Editorの注意点

WordPress5.0のアップデート記事でも書きましたが

WordPress5.0『Gutenberg』へアップデート! | 岐阜・一宮・名古屋 | デザイン事務所BRIDGE

こちらの『classic Editor』はサポートが2021年までとなっており、その段階でサポートを継続するかどうか判断するようなので、引き続きチェックが必要そうです

今後のWordPress関連の動向からしばらく目が離せなさそうです!!!!