BLOG

calendar

2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

category

岐阜の楽しみ方、その②『鵜飼と川原町』 | 【岐阜・名古屋 ウェブサイト制作】デザイン事務所BRIDGE

2017.06.14

こんにちは。

 

今日も前回に引き続き、「岐阜の楽しみ方」ご紹介していきたいと思います。


岐阜の観光で、外せないのはやっぱり、長良川の『鵜飼』。

 

(引用:岐阜長良川鵜飼HP)

 

 

岐阜を代表する、夏の風物詩です。



長良橋の上から鵜飼の全貌を眺めるもよし。

川沿いに座って眺めるもよし。

贅沢に客船に乗って、間近に接近して、鵜飼の迫力を感じるのも申し分ありません。


5月11日~10月15日まで、中秋の名月(2017年は10月4日)と増水時を除いて毎晩行われます。

 

鵜飼の始まりの合図は、なんと花火!!!

 

つまり、岐阜では夏の間じゅう毎晩花火が見られるんです。

(普段は3~5発くらいですが、鵜飼初日と最終日は、大量の花火が打ち上げられます。)

 

 

なんという贅沢。。。

 

 

ただ鵜飼を見るだけでも十分なのですが、、、

ここでは、楽しみを何倍にも膨らませる方法をご紹介します!

 

 

 

 

 

❶ 鵜飼が始まるまでの涼しい夕方、川原町を散策しよう!

長良川鵜飼の観覧船乗り場から、川原町の街並みへ続く小道があります。

 

古民家をリノベーションした可愛らしい土産物屋さんがあったり、

本当に昔から伝統的に続く、岐阜の伝統工芸「水うちわ」を作りながら売っていたり、

蔵を改装したカフェや、かき氷やお団子が食べられるお店もあります。

 

また「長良川温泉」を気軽に楽しめる「手湯」(無料)や、

鵜飼船の形をした「足湯」(無料)、

老舗旅館「十八楼」の日帰り温泉も、大人1000円で入ることができます!

▶︎ 十八楼のホームページはこちら

 

鵜飼が始まるまでの涼しい夕方。

長良川温泉に入り、川風を感じながら川原町を散策し、鵜飼が始まるまでの気分を高めて見てはいかがでしょうか?

 

 

 

 




❷ 鵜飼を眺めながらの『鮎弁当』は最高。

そもそも鵜飼は、鵜を使って「鮎」をとる昔からの漁。

 

鮎の塩焼きや、鮎尽くしのお弁当を食べながらの鵜飼は、楽しさもひとしおです。

 

長良川沿いで鮎を楽しめるお店は幾つかありますが、、

そんな中でも一番に名前が挙がるのはここ「川原町泉屋」さん。

▶︎ 川原町泉屋さんのホームページはこちら

 

じっくり時間をかけて鮎を焼くので、鮎自体の持つ美味しさがダイレクトに味わえます。

二日前までの予約が必須なので、早めのチェックを!

 

 

 

 

 

 

 

❸ レトロな柄の浴衣をレンタルしよう!

観覧船に乗る時、涼しげな浴衣を着て、川の風を感じ、夏を満喫。。。

そんな極上の体験が簡単にできるお店がありました!

昭和の時代のレトロで可愛いアンティーク着物を取り揃えている『ORGANキモノ』さん。

 

 

東京から遊びに来てくれた友達を案内した時の写真。

浴衣は素敵なものが多くて、どれにしようかめちゃくちゃ悩みました。。。。

 

 

花火大会の日にも浴衣のレンタルをしているそうです。ぜひ利用してみてください!

▶︎ organキモノのホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

こんなに素敵なのに「岐阜市」は穴場なので、京都や金沢などの主要な観光地と比べて、観光客が少ないのもゆったり楽しめるポイント。

人気が出て人混みになる前に楽しんでおくべきです!

みなさん、今年の夏の旅行は、岐阜に決定ですね!

 

 

次回もお楽しみに〜!!