BLOG

calendar

2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

category

WordPressテーマ作成の手順②

2017.03.16

こんにちは。

今回は前回のtipsの続き、WordPressテーマ化において、必要なファイルについてまとめていきたいと思います。

 

まず、wp-content > themes ディレクトリに、テンプレートファイルなどを格納するテーマのディレクトリを作成します。名前は任意のもので構いませんが、テーマの名前に準じたものにします。

さて、いよいよテーマを作成していきます。

 

①テーマの情報を記述

html + cssコーディングの際に作成したstyle.cssの冒頭に、コメント形式でテーマの情報を記述します。

/*
Theme name : テーマの名前(必須)
Theme URI : テーマのサイトのURI
Description : テーマの説明
Author : 作者の名前
Author URI : 作者サイトのURI
Version : テーマのバージョン
(Tags : テーマの特徴を表すタグ(カンマ区切りで))
License : テーマのライセンス
License URI : テーマのライセンスのURI
*/

 

②テーマのサムネイル画像を作成

「screenshot.png」という名前で、テーマディレクトリ内に保存します。

テーマのデザインがわかるような画像にします。

高解像度のモニターに配慮して、880×660ピクセルで作ることが推奨されています。

 

③テンプレートファイルなどを作成

index.phpとstyle.cssがあれば、最低限テーマとして認識されます。

テンプレート階層を見てわかるように、WordPressが最終的に探すテンプレートファイルはindex.phpだからです。

(引用元:WordPress codex日本語版)

その他テンプレートファイルは、サイトの目的に応じて作成します。

 

【主要なテンプレートファイル】

front-page.php トップページテンプレート

page.php 固定ページテンプレート

index.php 投稿一覧ページテンプレートとして使用

single.php 個別投稿ページテンプレート

header.php ヘッダーテンプレート

footer.php フッターテンプレート

sidebar.php サイドバーテンプレート

404.php エラーページテンプレート

functions.php テーマ編集のための関数ファイル

 

上記のテンプレートファイル以外にも、カスタム投稿ページなどを作成した際には、それ専用のテンプレートファイルを作らなかればなりませんし、場合によってはheader.phpはいらなくなるなど、テーマに応じて必要なテンプレートファイルは変わってきます。

 

必要なファイルさえ作ってしまえば、テーマとして認識させるところまでは完了です。

 

次回は、html文をどう切り分けていくか、またそれぞれのファイル内必要なテンプレートタグについてまとめていきたいと思います。